ウーマン

目を大きくするために目頭切開|修正手術を成功させる

後から治すことも出来ます

目元

カウンセリングが大切です

目は顔立ちの印象を最も大きく変えるパーツであり、美容整形を考える人が真っ先に変えたいと一番多く思う場所ではないでしょうか。目元の整形にもいろいろ種類があり、もっとも簡単に二重瞼を形成する埋没法やたれ目を作る方法、眼瞼下垂を改善する方法などを選ぶことが出来ます。その中のひとつとして、目頭切開という方法があり、日本人の多くにある蒙古ひだを切開することで目を大きくするというものです。目の幅が広がるため目全体を大きくすることが出来たり、目と目の間を狭く見せる効果が高い方法です。手術自体はそれほど難しいものではありませんが、どの程度目頭切開するのかという点で事前に考えていたのと術後の仕上がりが異なって修正を望む患者さんも少なくないといわれています。事前にきちんとカウンセリングを受けられる病院でシミュレーション画像を確認して決めていくのが基本ですが、術後に修正術を受けることも可能です。目頭切開の修正方法としては、切開した部分を形成外科的に縫合していくのが一般的であり、傷跡もそれほど目立つことはありません。多少の腫れはしばらく残るものの、翌日からはメイクも出来る場合がほとんどであるため、それほど負担の大きい施術ではないでしょう。目頭切開は目頭のピンクの肉の部分が出すぎてしまったり、より目になりすぎてやりすぎると顔立ちが不自然な印象になってしまう場合もあるため、少しだけ修正して希望通りにするというのも一つの方法でしょう。